スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーW 最終話『Eにさよなら/この街に正義の花束を』

『さぁ、お前の罪を数えろ!』

一年間お疲れさまでした。
最後のレビューを書いたら本当の終わりになってしまいそうでなんだか書くのを
躊躇しちゃってたけど、明日からは新たな仮面ライダーが新たな1年を走り出す
ので、その前にキチンと締めくくろうと思います。


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 仮面ライダーW(ダブル)
ジャンル : テレビ・ラジオ

仮面ライダーW 第48話『残されたU/永遠の相棒』

『僕の好きだった街をよろしく 仮面ライダー左翔太郎! 君の相棒より』

涙が止まらなかった。
最期の変身は翔太郎の覚悟と決断、変身解除も自分の手で行う。
それが覚悟の証なんだろうけど、あのためらいは仕方ないと思う。
フィリップは最期の最期のサヨナラの時までは笑顔だったね。

「大丈夫、これを閉じても僕たちは永遠に相棒だ」

翔太郎がドライバーを閉じてからのフィリップの涙。
翔太郎がためらわないように良く我慢したよね。
さようならフィリップ。

思えば最期まで翔太郎はハーフボイルドだった。

「約束してくれ、たとえ一人になっても君自身の手でこの風都を守り抜くと」
「約束なんて出来ねぇ・・・オレは自分に自信が持てないんだ」

翔太郎のためらいのせいで照井はボロボロになった。
だけど、変身すればフィリップが消える。
あの場、翔太郎がどう決断してもどちらかが犠牲になった。
誰かを犠牲にする戦いは仮面ライダーではない。
しかし、その代償に次々と犠牲になる仲間たち。

「あの子が安心して笑顔で消えられるようにしてあげて欲しい・・・」

みんなの笑顔が奪われた。
こんなんじゃフィリップも笑顔なんて無理だ。
おやっさんの帽子を手にとる時、それは覚悟の時。

「帽子の似合う大人になれ」

今の翔太郎はすごく帽子が似合ってる。
みんなの笑顔を取り戻し、若菜姫も取り戻す!
変身出来なくても体一つになっても食らいつく、それが仮面ライダー!

だが、不謹慎だけどのっぺらぼうには思わずふいたw

冴子お姉様が・・・( ̄□ ̄
散々悪に手を染め多くの命を奪ってきたのだから報いは仕方が無い。
でもお姉さまには汚く無様でも生きて抜いて欲しかった。
また一人、フィリップの家族が消えた・・・

「人を愛する事が罪だと・・・?」

ラスボス加頭順最期の言葉。
ってかこいつがNEVERだったのには驚いた。
しかし加頭の罪は人を愛した事では無い。
愛する人の為に犯した悪事、果てはその愛する者の命を自ら奪った事。
感情表現が不器用だったけど、人の愛し方も不器用だったんだな。

いや、まじでおもしろかった。
印象に残る台詞はまだまだいっぱいあった。
一年間の積み重ねもありいちいち泣ける。

最期の別れはライダー史上屈指の名シーンになると思う。
別れと言えば電王にもあったが、これ見た後だと「ドッキリ!!」とかふざけ過ぎだ(笑)

あとOPのネタバレが時間と共に激しくなっていく・・・ディケイドの時ほどで
は無いにしろm(_ _;m
まだ観てない人は劇場に急げ!
いやマジで!!


テーマ : 仮面ライダーW(ダブル)
ジャンル : テレビ・ラジオ

仮面ライダーW 第47話『残されたU/フィリップからの依頼』

『バカヤロウ!!っんな事、諦められっかよ・・・』

なんとも切ないモノローグで始まった最終章。
大ボスとの決戦は前回終わり、あらかたの複線も回収済みの為、あとは最終回を迎えるだけ。
しかしその最終回への最期の障害は・・・
フィリップの消滅。
前回ダブルドライバーで精神のサルベージ、エクストリームで肉体の強引回収した。
もともと存在しない肉体と精神を地球がデータを再構築したのがフィリップなわけで。
皮肉ではなくフィリップは本当にデータ人間だったわけで。
そのデータを分解し、若菜姫と融合しかけていたのを無理矢理ひっぱり戻した為、無理が生じ始めたわけで・・・。
あと一回Wに変身すればフィリップは消滅する。
ファングならなんとかなりそうな気がするのは気のせいか?

そんな鳴海探偵事務所のごたごたの影響で竜くんが大変な事にーっ(ノД`)!?
ズタボロでかませなのはいつもだが、今回のは致死レベルだろm(_ _;m
でも照井だって翔太郎の立場だったら同じ事をするだろう。
だから先陣をきったわけだが・・・

否応なしに残す手だてはWのみ。
タブーな冴子お姉さまが復活したとて、たかが知れているのが無情すぎる;

男の仕事の大半は決断、残りはおまけみたいなモノ。
仮面ライダーW最期の見せ場は、左翔太郎の決断だろう。

テーマ : 仮面ライダーW(ダブル)
ジャンル : テレビ・ラジオ

仮面ライダーW 第46話『Kが求めたもの/最後の晩餐』

『僕は消えない、君の心に悪魔と相乗りする勇気がある限り』

昨日の映画と今回の話の2日間コンボは卑怯すぎる・・・!!
良い最終決戦だったと思う。
翔太郎が恐怖に打ち勝てたのは特別な秘策ではなく気合と根性ってのが、翔太郎の凡人さが良く出ていて良かったと思う。
それにパパの”人間”の部分を垣間見ることも出来て良かった。
イービルテイル=悪魔のしっぽは、幸せだった頃の家族の証。
これを”家族”と呼び大切にしていたのは、悪魔になる自分への恐怖を誤魔化す為。
悪魔になる自分への恐怖、流兵衛はその恐怖に向かい合う事が出来なかった。
恐怖と向かい合い、気合と根性で何とかしようといた翔太郎とは違う。
「あいつがオレを相棒と呼ぶ限りオレは折れない、約束だったよな・・・」
翔太郎の勝機はそこだったと思う。

そんな盛り上がりのなか、まだまだ見せ場を持って行こうって男がもう一人。
「俺が操り人形?上等だ!それで悪を砕けるなら、人形でも何でも構わん!!」
もう出番は無いと思われたリボルギャリーでまさかの登場!
その上ガンナーA最期の活躍(たぶん)にアクセルターピュラーとか鼻血もんですよ?
エンジンブレードを使う為に上半身のみ変形解除の姿はどう見てもガ○ダム+Gアーマー(笑)
またまた新技とかここに来てノーマルアクセルを押してくるとはな!?

出し押しみの新曲”Extreme Dream”もここでやっと初使用。
やっとだよ?やっと、エクストリームMD技『ダブルエクストリーム』が決まったよ(ノД`

スミロドン、ナスカ、テラーと幹部3体退場。
若菜姫のクレイドールはおそらく健在。
メモリは全て失ったけど、冴子お姉様もまだ生きているから、何かしらやってくれるはず。
とはいえこれで一応、敵組織ミュージアムとフィリップの園咲家とのお話に決着がついた。
家族を救いたいと誓ったフィリップの言葉が届かなかったのは悲しい最期ではあったけど・・・


テーマ : 仮面ライダーW(ダブル)
ジャンル : テレビ・ラジオ

仮面ライダーW 第45話『Kが求めたもの/悪魔のしっぽ』

『私は轟響子、見ての通り博物館の学芸員よ』

判るかっ!?w

今回の話はどうも映画の後の話らしい。

今年はいつに無くクライマックスです。

ついに園咲流兵衛というかミュージアムと真っ向対決する時が来た!
とっくに正体バレバレのハズなのに、誰も真相に近づこうとしなかったのは、まさかテラーの力だったとは・・・

先週の不安が的中し、ミックが退場しました・・・
まぁ、そろそろ幹部を片付けていかんと間に合わないしね。

先週あんまりにカッコ良すぎたので、アクセルさんが本当に「噛ませ」になりましたm(_ _;m
でも来週はアクセルターピュラーとかまだまだ見せ場を持って行く気満々ですね。
ってか、翔太郎があれでは照井がやるしかないのだが・・・
とても翔太郎に逆転のチャンスがあるとは思えないのだけど;
もう翔太郎には頑張ってとしか言えない・・・(ノД`

テーマ : 仮面ライダーW(ダブル)
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

てるてる堂

Author:てるてる堂
てるてる堂はとっくに地獄の底まで悪魔と相乗り中だ!
さぁ、お前の罪を数えろ!

カテゴリー
最近のコメント
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。